FRONTIER

パソコンメーカー「FRONTIER」の評判は?主婦でも使いやすい?

国内のパソコンメーカーのひとつにFRONTIER(フロンティア)があります。BTO(Build to order)で自由にカスタマイズできるのが強みで、パソコンに詳しい人向けのメーカーですが、主婦でも使いやすいのでしょうか?
レポートしてみました。



FRONTIER(フロンティア)は1993年に創業したパソコンメーカーです。国内メーカーで、山口県柳井市の工場でパソコンを組立ています。

注文に応じてカスタマイズできるBTO(Build to order)ができるので、不用なソフトなどのないノートパソコンが手に入ります。

メーカー直販が中心ですが、一部は店舗でも販売しています。

FRONTIERのノートパソコンはコンデンサーが強い

コンデンサーとはパソコンの心臓部ですが、FRONTIERのノートパソコンには国内の最高品質のコンデンサが搭載されています。

安いノートパソコンは粗悪品を使っていることがあり、「すぐに壊れた」とか「長持ちしない」といったトラブルが見られますが、FRONTIER製のノートパソコンは長持ちするという点で、安心できます。

FRONTIERのサイトでノートパソコンを選ぶ方法

FRONTIERはパソコンに詳しい人向けなので、サイトもちょっとわかりづらいイメージがあります。

初心者やパソコンの知識がそれほどない人にとってはハードルが高い印象ですね。

まずはサイトを見てみましょう。

【FRONTIER】のトップページの一番上に「デスクトップPC」や「ノートPC」、「ゲームPC」などの欄があるので、「ノートPC」を押します。

ノートPCのお買い得商品が並んでいますが、その下をずっと見ていくと、「ノートPC搭載可能パーツ一覧」というコーナーがあります。

ここでどんなスペックがほしいかを探していきます。
今回は13.3型で見てみましょう。

すると、13.3型はNSシリーズであることがわかります。
お値段は59,800円(税抜)~ですね。
青い「詳細」を押して、具体的な内容を見てみましょう。

すると搭載されているCPUの違いによって、「第7世代インテル Celeron プロセッサー 3865U」「第8世代インテル Core i5-8250U プロセッサー」「第8世代 インテル Core i7-8550U プロセッサー」の3種類が出てきます。

基本モデルの「第7世代インテル Celeron プロセッサー 3865U」搭載が59,800円(税抜)ということですね。
そこからさらにメモリを増やすか…などのカスタマイズができるようになっています。

自分ひとりでは決められないときはメールで相談できるようになっています。

ちょっとハードルが高いFRONTIERですが、長持ちするという点とお値段が安いという点を考えるとコスパがいいと言えそうです。
お得なセールもよくやっているみたいなので、要チェックですね
↓   ↓  ↓
【FRONTIER】公式サイト



こちらもおすすめ