パソコンを選ぶ際は、必ずスペックと価格を見ますよね。
その中で「ストレージ」というものがあります。

HDD、SSD、そしてeMMCなど。何がどう違うのか、解説します。

ストレージとは

ストレージとは「データを保存する場所」のことを指します。

ハードディスクという言葉を聞かれたことがあるかも知れませんが、パソコン内部にはハードディスク(HDD)やSSDなどが内蔵されていて、そこにデータを保存するようになっています。

内蔵のハードディスクだけで足りない場合は外付けHDDに保存することもありますし、ネット上に保存する「オンラインストレージ」というものもあります。

パソコンのストレージの種類

ノートパソコンに内蔵されているストレージには、次の種類があります。

  • HDD
  • SSD
  • SSHD
  • eMMC

それぞれの特徴は次の通りです。

HDD

ハードディスクのことで、パソコンの保存先としてもっとも一般的なものです。
価格が安いのに容量が大きいのがメリットです。

ただ、速度が遅いという難点があります。

SSD

処理の速度やアクセスが速いのがメリットですが、価格が高いのが難点です。
また、容量もそれほど大きくありません。

ただ、衝撃に強いため、最近のノートパソコンでは搭載されるものが増えています。

SSHD

SSDHはHDDとSSDを一緒にしたもので、それぞれのいいとこ取りといった特徴があります。
つまり、容量が大きく、速度も速いというメリットがあります。

ただ、価格はSSDよりも高いため、パソコン本体も当然高くなります。そのため、搭載されるモデルはそれほど多くはありません。

eMMC

フラッシュメモリーを使って保存するもので、一部のパソコンに採用されています。
速度はHDDよりも早いのですが、容量が小さいことが難点です。

ストレージはどれくらい必要?

では、パソコンを選ぶ際に、ストレージはどれくらいの容量が必要なのでしょうか。

まず、OSをインストールするだけで20GBを使ってしまいます。また、写真などの画像を多く保存する人は、その分の容量も必要です。参考までに写真を6000枚保存すると20GB使うと言われています。

さらに音楽や動画を保存すると、もっと容量を使ってしまいます。

OSと写真だけでも40GBが埋まるので、それを考えて256GB以上あると安心です。