パソコンは決して安い買い物ではありません。
せっかく買ったのに、すぐに壊れてしまったということでは困りますね。
購入する前にパソコンの寿命を知っておきましょう。

ノートパソコンの寿命はどれくらい?

誰もが気になるノートパソコンの寿命ですが、これは一律で決まっているわけではありません。

ただ、よく言われるのは「5年寿命説」です。
実際、購入後早い人で3年、多いのは5年前後で壊れて買い換えるケースが多いようです。

ノートパソコンの寿命を左右する要素

寿命は何かひとつの要素で決まるということはありません。

  • 使い方
  • スペック
  • 個体差(当たり外れ)
  • メーカー(使用している部品など)

こういった要素に左右されます。

毎日長時間電源を入れっぱなしにして負荷がかかる作業を続けている人と、1日に1~2時間ネットを見る程度という人では、同じメーカー、同じ型番のパソコンでも寿命は違ってくるでしょう。

電化製品・精密機器は故障が付きもの

パソコンは精密機器なので、ささいなことが原因で故障します。

HDDやメモリの故障、バッテリー(電源)を入れても作動しない、画面に何も出ない……などの症状が出ると、「訳がわからない」という状態が起こります。

「あんなに高いお金を払ったのに……」と思っても、仕方がありません。

精密機器だからこそ、故障は起こるんだと心得ておきましょう。

ちなみにWebデザインなど仕事でパソコンを使う人はメインのマシンとは別にサブとして1~2台のパソコンは持っていると言われます。

万が一壊れたら仕事にならないのですから、これも大切な投資ですね。

保証期間が過ぎると有償修理になる

パソコンが壊れたら、よほど詳しい人でない限り自分で修理するのは不可能です。しかも、故障はなぜか保証期間が過ぎたころに起こります。

例えばメーカーの延長保証(3年)を付けていたのに、その3年が過ぎたころに故障するというケースです。これはまさに「パソコンあるある」ですね。

故障した箇所や原因にもよりますが、修理代金は15,000円~3万円くらいというケースが多いようです。
これもよくできていて、「買い換えるほどでもないが、痛い出費だ」ということになります。

修理代金が3万円を超えたら買い替えがおすすめ

今はそこそこのスペックのノートパソコンが3万円台から販売されています。

修理してもまた壊れる可能性があるため、経過年数を考慮したら買い替えの方がお得という場合があります。
中古パソコンの買取をしてくれるショップもあるので利用されるといいですよ。

OSのアップデートに対応させることも重要

パソコンはまだ動くけれど、OSがバージョンアップしているというケースがよくあります。

2014年にはWindows XPのサポートが、2017年にはWindows Vistaのサポートが終了するということで、多くの人が買い換えをされました。
このようにOSのバージョンアップに合わせて買い替えを余儀なくされるケースもあります。

こういった点を考えると、ノートパソコン購入時はあまり張り切って高性能・高価格のものを購入するよりも、必要最低限のスペックが搭載されたお手頃価格のものを選ぶ方が無難だと言えますね。

マウスコンピューター はお手頃価格のノートパソコンが豊富なのでおススメです。