ノートパソコンは多くのメーカーが発売しています。
日本の大手メーカー製品もあれば、海外メーカーのものもあります。
日本製と海外製のノートパソコンの違いとは?
そして、主婦が選ぶならどちらがいいのでしょうか?

日本製と海外製のノートパソコンの違い

まずは日本製と海外製では、どんなメーカーがあるのか見てみましょう。

日本製ノートパソコンのメーカー

日本製のノートパソコンは次のようなメーカーから発売しています。

  • NEC
  • 富士通
  • 東芝
  • SONY
  • パナソニック
  • マウスコンピューター

他にもヤマダ電機のFRONTIER(フロンティア)やパソコン工房iiyamaのようにBTO(Build To Order)と言って受注生産するところもあります。
上記のマウスコンピューターもBTOのノートパソコンがあります。自分の好みのスペックにカスタマイズして作ってもらえますよ。

海外製ノートパソコンのメーカー

海外製のノートパソコンは次のメーカーから発売されています。
なお、Apple社も有名ですが、Mac OSがプロ向きであるためここでは紹介を省いています。

  • DELL(デル)……(アメリカ)
  • HP(ヒューレット・パッカード)……(アメリカ)
  • acer(エイサー)……台湾
  • Lenovo(レノボ)……中国
  • ASUS(エイスース)……台湾

主婦がノートパソコンを買うなら日本製?海外製?

ゆめこゆめこ

家電量販店やテレビCMで知っているメーカーだけじゃなくて、いろんなメーカーがあるのね。
やっぱり有名メーカーの製品の方がいいのかしら?


パソ山パソ山

そんなことはありませんよ
日本製、海外製、それぞれにメリット・デメリットがありますから

日本製と海外製のノートパソコンのメリット・デメリット

メリット デメリット
日本製 ・サポートが安心
・初心者でも使いやすい
・価格が高い
・不用なソフトが入っている
海外製 ・価格が安い
・不用なソフトが入っていない
・サポートが不安
・初心者には使いにくい

パソ山パソ山

総合的に考えると日本製の方が安心なのですが、やはり価格が高いというのがネックになりますね


ゆめこゆめこ

日本製は不用なソフトが入っているっていうけれど、どんなものが入っているの?


パソ山パソ山

例えばパソコンの使い方のナビや動画ナビなど、まったくの初心者でない限り使わないソフトが結構入っているんですよ。
これらが入っているとパソコンの動きが遅くなってしまいます


ゆめこゆめこ

そっか~。でも、海外製ノートパソコンはサポートがちょっと不安よね。
電話や取扱説明書は英語なの?


パソ山パソ山

いえいえ、そんなことはないですよ。もちろん日本語で対応しています。でも、やはり日本メーカーほどのきめ細かさには欠けるかな~と思いますね

日本製で不用なソフトがなく安心のノートパソコンは?

パソ山パソ山

日本製のメーカー(NECや東芝など)のノートパソコンでも、ほとんどの部品は中国など海外で作られているんですよ。


ゆめこゆめこ

え~、マジで!!それって心配じゃないの?


パソ山パソ山

製造過程でも出荷の段階でも厳しく検査しているので、それほど心配することはありませんよ。
でも、もし心配ならマウスコンピューターが安心かも知れないですね。

マウスコンピューターは国内生産

ゆめこゆめこ

マウスコンピューターって聞いたことないメーカーだけど、大丈夫なの?

マウスコンピューターのパソコンは1台1台、国内(長野県飯山市)で作られています。
しかも、ロボット生産ではなく手作業で作られているので、安心です。
(一部の製品は海外生産のものもあります。)

お客様の好みに合わせてカスタマイズできるBTOなので不用なソフトが付いてこないという点や、365日24時間電話でサポート対応している点もメリットです。

マウスコンピューター/G-Tune

ゆめこゆめこ

国内生産なら高いんじゃないの?


パソ山パソ山

そんなことはないですよ。そこそこのスペックでも量販店で売っているノートパソコンより安いですからね。


ゆめこゆめこ

何?「そこそこのスペック」って。まあ、いいわ。それはこれからおいおい教えてもらうことにするわ。
ちゃんと調べといてよね


パソ山パソ山

何なんですか、その上から目線は……。スペックについては、別のページでくわしく説明しますよ。

ここでは日本製と海外製の違いを理解してくださいね。そして、主婦が自分用のノートパソコンを購入するときは、サポートが安心な日本製がおすすめであること、量販店で市販されている日本製ノートパソコンは不用なソフトが入っているので必要なものだけを選べるBTOがおすすめということを覚えていただけるといいでしょう。