今回はレノボ様のご厚意により、レノボ Yoga Slim 750i (14)を貸していただくことができました。

早速、レビューしたいと思います。

今回、お借りしたのは、Yoga Slim 750i (14)です。

14型で、インテル第10世代のCPU(corei7)を搭載しています。

レノボ Yoga Slim 750i (14)の特徴とスペック

まず、レノボ Yoga Slim 750i (14)のスペックから見ていきましょう。

サイズ   14型  
CPU   第10世代インテル® Core™ プロセッサー搭載  
メモリ  16.0GB   
ストレージ   512GB SSD  
OS   Windows 10 Home 64 bit  
色  スレートグレー  
重さ  約1.36Kg  

レノボ Yoga Slim 750i (14)には、インテル第10世代 core-i7が搭載されています。

Lenovo_Yoga_cpu

実際に動かしてみましたが、とてもサクサク動く印象でした。また、SDD512GBが搭載されている点も高評価です。

さらにバッテリーが長持ちするのが特徴で、出先で使う場合でも安心です!

レノボ Yoga Slim 750i (14)の外観

では、外観をチェックしてみます。

Lenovo_Yoga_rogo

TOPはとてもシンプルなデザインで、スレートグレーにYOGAのロゴが浮き出るようになっています。
LenovoのロゴもYOGAのロゴも出しゃばることなく、とてもおしゃれですね。

14型ということで、サイズは横幅が約32cm、縦が約20.5cmです。

Lenovo_Yoga_サイズ

Lenovo_Yoga_サイズ

A4のレポート用紙を置いてみると、少しPC本体がはみ出るという感じ。

Lenovo_yoga_A4サイズ

これならバッグにもすっと入るし、持ち運びにも便利ですね。重さは約1.36Kgなので、このサイズではまずまずだと言えます。

インターフェイス

本体の側面を見てみます。

Lenovo_Yoga_側面

USB Type-Cは電源コードの差し込みと兼用になっています。

そして、HDMI、USB3.1 Type-C 、ヘッドホン(イヤホン)差し込み口が並んでいます。

Lenovo_Yoga_側面

もう一方の側面を見てみましょう。

Lenovo_Yoga_側面

microSDメディアカードリーダー、USB 3.0、電源ボタンが並んでいます。

電源はキーボードの面にはなく、こちらの側面にありました。これは最初、ちょっと戸惑いましたが、慣れれば問題ないと思います。

レノボ Yoga Slimの画面

レノボ Yoga Slim 750i (14)の画面は14型、つまり14インチで、枠いっぱいに画面が広がっています。

こちらは電源コードを使っている状態です。

Lenovo_Yoga_画面

こちらは電源コードを外した状態ですが、画面がそれほど暗くならずとても発色がきれいでした。
↓  ↓
Lenovo_Yoga_画面

これなら家の中で場所を変えて使うときや、外に持ち出して使うときなど、電源が確保できない場所でも心配ないですね。

レノボ Yoga Slim 750i (14)のキーボード

次にキーボードを見てみました。

キーボードは英語キーボードで、1つの文字は約1.5cm、隣の文字との間隔は2~3mmでした。

Lenovo_Yoga_キーボード

こちらはわが家でずっと使っているNECの15インチのキーボードですが、こちらも1つの文字は約1.5cmであまり変わりません。

NEC_ノートパソコン_キーボード

実際にレノボのYogaで文字を入力してみましたが、特に違和感なく使えました。

Lenovo_Yoga_文字

レノボ Yoga Slim 750i (14)の付属品

レノボ Yoga Slim 750i (14)の付属品は電源コードと取り扱い説明書だけが付いています。

Lenovo_Yoga_付属品

取り扱い説明書はレノボ特有の紙1枚というシンプルなものが付いています。

Lenovo_Yoga_取説

実際はこの取説を見なくても設定はできるので問題ないですね。

レノボ Yoga Slim 750i (14)の価格とお得に買う方法

レノボ Yoga Slim 750i (14)の価格は、178,970円ですが、レノボのクーポンを使うと56,250円割引きの122,720円で購入することができます。

Yoga Slim 750i (14)のクーポンはこちらから

ぜひお得に買ってくださいね。