レノボ様のご厚意で、IdeaPad Flex550iを貸していただきました。

15.6インチですが、タブレット端末のように使うことができ、しかもデジタルペンがついていてパソコンの画面上で文字や絵を描くことができます。

これがかなり便利で、楽しく使えるのでぜひご紹介したいと思います。

レノボ IdeaPad Flex550i (15)の特徴とスペック

まず、レノボ IdeaPad Flex550i (15)のスペックを見ていきましょう。

サイズ   15.6型  
CPU   インテルR Corei5-1035G1プロセッサー搭載  
メモリ  8.0GB   
ストレージ   256GB SSD  
OS   Windows 10 Home 64 bit  
色  プラチナグレー  
重さ  約1.8Kg  

インテルプロセッサcore-i5が搭載、メモリは8GB、SSDは256GBとかなりハイスペックですが、お値段は6万円台で購入できるのは、かなりお得です!

レノボ IdeaPad Flex550i (15)の特徴

次に特徴を見ていきます。

タブレット端末モードで使える

レノボ IdeaPad Flex550iは360度角度を変えて使うことができるので、タブレット端末のように使うことができます。
IdeaPad Flex550i_タブレットモード2

もっと小型のノートパソコン(13型や14型)でタブレットモードに切り替えられるタイプのものはよく見かけますが、15.6型でタブレットモードになるものはかなり少ないのが現状です。

タブレットモードのメリットは、パソコン前が広く使えるということです。

IdeaPad Flex550i_タブレットモード

普通の状態だと画面の前にキーボードがありますが、本体を折り曲げてタブレットモードにすると、キーボードが後ろに行きます。

そこで空いたスペースにノートを置いたり、本を広げたりできます。
しかも、画面は15.6型で大きいので見やすいというメリットがあります。

IdeaPad Flex550i_タブレットに切り替え

パソコン本体をくるっと回すと、このように「タブレットモードに切り替えますか?」という画面が出ます。

IdeaPad Flex550i_タブレットモードを修了

元に戻すと、「タブレットモードを終了しますか?」という画面が出ます。
この画面は出さないようにもできます。

使いやすい角度に変えられる、タブレットモードにもできるという点は、結構便利ですよ。

重さは1.8Kgなので持ち運びにはやや重い

タブレットモードで使えるとは言っても、重さは1.8Kgで15.6型の標準重量があります。

もちろんA4サイズが入るバッグに入りますが、持ち運びにはやや重いと感じます。

IdeaPad Flex550i大きさ

このように、本体はA4サイズよりも大きいです。

大きさや重さは、どんな用途で使うかを考えて判断されるといいと思います。

IdeaPad Flex550iのデジタルペンはかなり楽しい!

レノボのIdeaPad Flex550iには、最初からデジタルペンが付属で付いています。

これがなかなかに便利で楽しいので、おすすめですよ。

デジタルペンでお絵描きや文字が書ける

「デジタルペン」は15.6型のノートパソコンでは珍しいかなと思いますが、これが結構楽しめます。

例えば写真に文字や絵を描くことができます。

カラー

画像などを選んで、このように好きな色を選びます。

ペンギン1

画面上に直接デジタルペンで文字を書き込みます。

消しゴム1

間違えたときは消しゴム機能を使って、デジタルペンで消せます。

消したい文字にデジタルペンをあてて動かすと、文字が消せます。

ハート1

こちらの写真にも書き込んでみましょう。

ハート2

画面上にペンをあてると、このような画面が出るので色や線の太さなどを選びます。

ハート3

家族で撮影した写真にお子様とコメントを書き入れたりするのも楽しそうですね。

他にも地図にコメントを書いたり、資料の作成をしたり、いろいろと使えます。

IdeaPad Flex550i_タッチペン

このデジタルペンはパソコン本体の側面に取り付けできるので、なくす心配がないのもありがたいです。

パソコンの操作もマウスではなくペンでOK

パソコンのカーソルを動かす場合、マウスを操作しますが、これが結構面倒な時ってありますよね。

カーソルがどこに行ったのかわからない、いちいちマウスを持たなければいけない……などがありますが、このデジタルペンを使えば、画面上にペンをタッチするだけで画面操作が可能です。

IdeaPad Flex550iタッチペン

このペン使いに慣れると、パソコン操作がさらに楽になりそうです。

インターフェイス

本体の側面には、電源ボタン、USBが2つ、SDメモリーカードの挿入口があります。

IdeaPad Flex550i側面2

SDカードが挿入できるので、デジタルカメラから写真を取り込むときなどに便利です。

IdeaPad Flex550i電源

キーボード面に電源ボタンがなく、側面にあるので最初は戸惑いますが、すぐに慣れるので問題はなさそうです。

IdeaPad Flex550i側面1

もう一方の側面にもUSBが1つ入れられます。

これだけあれば十分に使えますね。

表面に傷がつきにくく、いつまでもきれい

本体の表面の色はプラチナグレーですが、指紋や傷がつきにくい素材になっています。

レノボIdeaPad Flex550i_表面

まるで新品のようにきれいですが、実はこれは貸し出し機なのでいろんな人のところに届けられ、レビュー機、モニター機として使われています。

レノボIdeaPad Flex550i_発送用BOX

こちらが梱包用の箱ですが、この箱の状態からもわかる通り、何度も発送されて、いろんな人が使っていますが、本体には傷がなく、かなりきれいなままです。

これなら子どもさんがいるご家庭でも、傷が付く心配がありませんね。

レノボ IdeaPad Flex550iは6万円台で購入可能

これだけのハイスペック、しかも便利で楽しい機能が備わっているレノボ IdeaPad Flex550iですが、定価は134,200円ですが、レノボ公式サイト内でeクーポンを使うと69,784円(税込み、送料無料)になっています。

64,416円もの値引きなので、要チェックですね!

レノボの直販サイトでは、他にもお得なクーポンがたくさんあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

お得なクーポンはこちら